自分のESTA申請を始める   矢印

よくあるご質問


ESTAとは?


ESTAとは電子渡航認証システムの略で、税関・国境取締局と米国国土安全保障省によって管理されている共同ウェブベースのプログラムです。

ESTAは、ビザ免除プログラム(商用又は観光目的で90日以内の旅行)の下でアメリカへ短期旅行を計画している旅行者をプレスクリーンして、その人達がセキュリティリスクや法執行の可能性がないことを確認します。VWPの安全性を高めるアメリカの法的要件を満たすために導入されました。

ESTAは2008年8月1日に導入され、2009年1月12日にビザ免除プログラムの国から来る旅行者全員に義務付けられました。


どうやってESTAを申請すればよいですか?


当社のウェブサイトでESTA認証を申請できます。お客様の申請を作成するために、指示に従って当社の申込書にある質問にお答え下さい。

ESTA 申請を作成するために必要な情報は、お客様のパスポート情報・伝染病の履歴・もしある場合は犯罪履歴・使用中のその他の名前あるいは別名・アメリカへのビザ申請に関するお客様の履歴・両親の名前・出生地・もしある場合は国民総背番号・連絡先及びクレジットカード番号が含まれます。


ESTA認証とはどういう意味ですか?


ESTA認証を受け取ると、ビザ免除プログラムの下で旅行ができるという意味ですが、アメリカへの入国が許可されるとは限りません。アメリカへの入国は、アメリカに着いてから税関・国境取締局職員による審査が基本になっています。


誰にESTAプログラムの資格がありますか?


空路または海路でアメリカへの入国を予定しているビザ免除プログラム国の国民は、ESTAプログラムの利用が可能です。

旅行は、承認された運送会社でしなければいけません。ESTAの資格を有すには、旅行者は有効なパスポートとアメリカ合衆国外で旅行が終わる往復券を持たなければいけません。18歳以下の未成年の子供を含む各旅行者が申請しなければならず、ビザ免除プログラムの全ての参加資格(お客様のパスポートの有効期限がアメリカ合衆国からの帰国予定日から6カ月以内に切れないなど)を満たさなければなりません。

ビザ免除プログラム(及びそれを通じて、ESTAプログラム)は、アンドラ、オーストラリア、オーストリア、ベルギー、ブルネイ、チリ、チェコ共和国、デンマーク、エストニア、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、ハンガリー、アイスランド、アイルランド、イタリア、日本、ラトビア、リヒテンシュタイン、リトアニア、ルクセンブルグ、マルタ、モナコ、オランダ、ニュージーランド、ノルウェー、ポルトガル、サンマリノ、シンガポール、スロバキア、スロベニア、韓国、スペイン、スウェーデン、スイス、台湾、英国の国民が利用できます。


私がVWP対象国の国民で___場合、ESTAを申請する必要はありますか?


…アメリカの永住権保持者でもある いいえ
…アメリカ市民権を持つ二重国籍者でもある いいえ。アメリカ入国時に、国民はアメリカのパスポートを使用しなければいけません。
…カナダのランディッド・イミグラントでもあり、陸路でアメリカに旅行する いいえ
…カナダのランディッド・イミグラントでもあり、海路又は空路でアメリカに旅行する はい。
…アメリカの永住権保持者でもある お客様のVWPパスポートの下で飛行しVWPを利用している場合は、そうです。非VWPパスポートとビザで旅行している場合は、ESTAの資格はありません。
…旅行時に有効なビザを所持している いいえ
…緑色のI-94カードの下でカナダかメキシコを経由して陸路でアメリカに旅行する いいえ
…カナダかメキシコを経由して海路か空路でアメリカに旅行する はい。
…アメリカで乗り継ぐのみで滞在しない はい。
…VWPで旅行をしている18歳以下の未成年である はい。
…米領バージン諸島又はプエルトリコへの短期滞在の為に旅行している はい。

いつESTA認証を申請すべきですか?


ビザ免除プログラムの下でアメリカに旅行すると決めたら、すぐにお客様のESTA認証を申請することが賢明ですが、旅行日の72時間前まで申請が可能です。申請前に旅行情報や宿泊施設を確約したことを必要とはしません。

お客様が早めに申請して、アメリカ滞在中にお客様のESTAの期限が切れた場合の罰則はありません。予定通りにお客様の出発国に出発できます。


いつESTA申請について返事が聞けますか?


ほとんどの場合、ESTA申請の結果はほぼ即時(1分以内)に得られますが、お客様のEメール受信箱にあるお客様の申請状況をチェックする必要があります。当社が Eメールでお客様にESTA番号をお送りします。


申請番号を忘れた場合はどうしたらよいですか?


当ウェブサイトでは、お客様の申請と関連したEメールアドレスにESTA番号を送ってもらえるように申請できる ESTAの状況を確認/チェックする'と言うページがあります。このページに従って申請書を提出するだけです。


他の方の為の申請をしたり、又は第三者に自分の為の申請をしてもらうことはできますか?


他の方の為の申請又はお客様に代わって第三者に申請を提出してもらうことはできますが、最終的にはESTA申請で提供された全ての情報の真実性及び完全性は旅行者に責任があります。


グループ全体の為にESTA申請を提出することはできますか?


グループ申請も簡単にできます。お客様の申請を提出した後、申請書にその申請者の新しい詳細を記入するだけです。'サンキューページ'で新しい申請を提出できるボタンをクリックをするだけです。


間違いをした場合、ESTAの申請情報を訂正することはできますか?


間違えた場合、ESTA申請では特定の情報のみ訂正することができます。それはお客様のEメールアドレス、電話番号、旅行情報です。パスポートに関する情報の調整はできません。これは申請書記入時に正確でなければならないという意味です。


ESTA認証はどれくらい有効ですか?


ESTA認証はお客様のパスポートの有効期限まで、あるいは旅行を許可された日付から2年間(いずれか日付が早い方)有効です。


もしESTA認証が許可されなかった場合、どうすればいいですか?


もしお客様の申請が拒否された場合でもアメリカに旅行できますが、アメリカ大使館又は領事館を通してビザを申請する必要があります。


私のESTA認証で何回アメリカに入国できますか?


お客様のESTA認証は、それが有効である限りアメリカへ何回でも入国できます。


2014年に追加情報が必要とされる前にESTA認証を取得した場合、ESTAを再申請する必要はありますか?


いいえ。現在のESTA認証全てが有効となりますが、その現在の認証の有効期限が切れた時に追加情報を要求されるかもしれません。


アメリカへの旅行には何のESTA書類を持参すべきですか?


アメリカへの旅行をする前に、PDFで受け取ったお客様のESTA番号を印刷して旅行中はそれを携帯することが大切です。アメリカの国境職員はお客様のESTA認証の電子記録を持っていますが、お客様がフライトのチェックイン時にお客様の航空会社又は運送会社がそのプリントアウトされたものを必要とする可能性があります。


いつESTA認証を再申請する必要がありますか?


もしお客様のESTA認証の期限が切れてアメリカへの旅行をご希望する場合は、いつでも新しい申請を提出することでそれを更新することができます。残念ながら、ESTA認証は現在の時点で更新手続きは受け付けておりません。

もしくは、以下の場合に新しいESTA認証を申請しなければいけません。

  • 新しいパスポートを受け取る場合
  • 何らかの理由でお客様の名前を変更する場合
  • お客様の性別を変更する場合
  • お客様の国籍を変更する場合
  • お客様の法的状況を変更する場合(お客様が複数の犯罪で有罪判決を受けている、又は感染症だと診断されたなど)

 

 

このウェブサイトは民間会社によって運営されており、アメリカ合衆国政府との関係はありません。